私立中学・高校 FAQ

2019年03月03日

春季大会は初戦の相手次第か。


今回も高校野球のお話です。
さて、春季大会のトーナメント表が発表されたので見てゆきましょう。

まず、本大会から。
本大会やぐら 

今回、世田谷学園はトーナメント表の左中程のブロックに配置されています。

2019 春季大会.jpg

初戦の相手は共栄学園まだ未定のどこか
実はまだ一時予選が終わっていない。と言うか始まってもいないのでした。

共栄学園ならなんとか2回戦に進めそうな気がしますがどうでしょうか?

では、一次予選18ブロックAのメンツを見てみましょう。
一次予選やぐら 

2019 春季一次予選18ブロック.jpg

日比谷堀越多摩大聖ヶ丘、そして井草の4校です。

この中ではやはり堀越が最有力でしょう。
堀越が順当に予選と本選1回戦を勝ち上げってくるものと思われます。

堀越は甲子園・神宮含めて全国大会に11回も出場している強豪です。
おまけに世田谷学園には2016年の秋季大会・予選で、堀越に4点差で負けているという手痛い過去があります。

堀越 7 - 3 世田谷学園


初戦の相手が堀越なら、また初戦で瞬殺されてしまうのかも。
まあ、善戦を祈ることといたしましょう。

あくまで現時点での個人的な予想です。
外れたら改めて総括いたしましょう。

まねき猫1.jpg


 にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へにほんブログ村 受験ブログへ


posted by セタケン at 15:15 | 高校野球・都大会を占う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

波乱の秋季大会。覇者は国士舘


2018年の秋季大会は波乱の幕開けでした。

まさかあの日大三が一回戦で敗れるなんてね〜。

目白研心 7 - 5 日大三


言ってはナンですが、「勝った目白研心が強豪と言えるほどの強いか?」といえばチョットね。
かと言って、日大三が手を抜いたというわけでもなさそうですし。

いわゆる強豪校の「谷間の世代」と言うやつでしょうか?

とにかく日大三にはもう少しガッツを見せてほしかったですね。


でもって、この波乱の秋季大会を制したのは国士舘でした。

国士舘はこれまでに甲子園の出場回数が春夏合わせて9回という強豪校。
此処数年は今ひとつぱっとしない感じでしたが、この秋は決勝戦であの東海大菅生を4-3で破リました。

古豪復活。おめでとうございます。


最後に前回予想した世田谷学園の結果も見ておきましょう。

この秋は2回戦まで進めれば上々だと思っていたのですが、3回戦まで進めましたか〜。
いや〜。頑張りましたね〜。世田谷学園

その3回戦目では実に呆気なく敗退してしまいましたが。
ま、これはいつもの事ですから。

國學院久我山 12 - 1 世田谷学園

今回もコールドゲームでの幕切れでしたけれど、まぁ良しとしておきましょう。
あまり強くない学校の場合、ある程度強いチームと対戦した時点で大体の結果は見えてしまうのですから。

多くを期待してはいけませんよね。



 まねき猫1.jpg

 にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へにほんブログ村 受験ブログへ


posted by セタケン at 21:12 | 高校野球・都大会を占う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月06日

2018 秋季大会を予想する。

今回も高校野球のお話です。

さて、秋季大会の本選が目前となってきました。
今回、世田谷学園はトーナメント表の右下のブロックに配置されています。

2018 秋季大会.jpg

このブロックの最有力はなんと言っても日大三
押しも押されぬ強豪校です。


というわけで今回世田谷が最大限に善戦しても10月27日の日大三戦までと予想いたします。
実力差を考えれば5回〜6回でコールド負けしてもおかしくないですね。

ではそこまで順当に行けるかと云うと、これがなかなか。
順をさかのぼって見てゆきましょう。

まず日大三に当たる前の3戦目。
10月21日の相手は。小平西、海城、國學院久我山、実践学園のいづれか。
この4校なら國學院久我山でしょうか?

國學院久我山は2015年の西東京大会準々決勝において聖パウロ学園に10 - 0で勝っています。
その聖パウロ学園は2015年西東京大会で世田谷学園に10 - 3の大差で勝っている学校です。



その前2戦目(10月13日)の相手は城北成立学園
城北の戦歴。

この2校なら城北でしょうか?
城北は2013年の秋期大会で駒大高に5 - 2で勝っています。 
その駒大高は2012年の東東京大会で世田谷学園に4−2で勝っている学校です。


最後になりましたが初戦(10月8日)の相手は都立江戸川


江戸川と世田谷学園は2007年の春季大会で対戦しています。
このときの結果は、世田谷学園 11 - 10 都立江戸川。

両校ともお互いに得点が10点以上で、結果はわずか1点差。
11年前とは言え実力的にはあまり差のない感じですね。

というわけで世田谷学園にとっては初戦から厳しい相手と言えるでしょう。

さらに二戦目以降も対戦実績で見る限り格上の相手が続く展開となります。

初戦敗退もありえますが、まあ二戦目まで進めれば上々といったところでしょうか。

あくまで現時点での個人的な予想です。
外れたら改めて総括いたしましょう。



 まねき猫1.jpg

 にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へにほんブログ村 受験ブログへ


posted by セタケン at 09:23 | 高校野球・都大会を占う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

夏の結果と秋の予想。


今回も高校野球のお話です。

この夏の西東京大会もほぼ予想どおりの結果となりました。


4回戦の創価 対 世田谷学園11-1で創価の勝ち。
世田谷学園は1回表で1点をとったのみ。
6回裏で10点差をつけられてコールドゲームとなりました。

毎度の事ではありますが、強豪校と対戦した途端に大量の得点差をつけられてボロ負け。
少々情けない感じではありますね。

まあ四半世紀も前のほんの一時期強かっただけの学校ですから、今現在強い学校と比べるのは酷なのかもしれません。

2018_natu_soukaB.jpg2018_natu_setagaya2.jpg

一方、4回戦で世田谷学園を11-1で下した創価は、その後準々決勝までコマを進めました。
惜しくも一点差で日大鶴ケ丘に敗れましたが、さすがに強豪校同士の緊迫した試合だったようです。



さて、早くも秋季大会の時期に来てしまいました。
今回、世田谷学園は第6ブロックのA代表を争うグループに配置されています。
ざっとメンツを見る限り、どんぐりの背比べのようでなんとも予想し難いですね〜。

2018_秋季予選.jpg

まず9月9日 初戦の相手が明大明治
明大明治は過去に何度か甲子園に出場しているものの、1965年の選抜が最後。
今はかつて程の強さはないようです。
そういう意味ではなんだか世田谷学園と似たような感じですかね〜。

運良く勝ったとして、9月17日二回戦が青山学院大崎
この2校なら青山学院でしょうか?

なんだかこのブロックは実力的に大差ない感じの学校ばかり集まってしまったようで、どうにも予想が付きません。

あしからず。


 まねき猫1.jpg

 にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へにほんブログ村 受験ブログへ

posted by セタケン at 20:17 | 高校野球・都大会を占う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

2018年夏の西東京大会を予想する。

今回も高校野球のお話です。
今年も夏の都大会の組み合わせが決まったようですね。

西東京2018.jpg

今年の世田谷学園は西東京大会・右上のブロックに配置されています。
 このブロックで一番強そうなのは第3シードの創価です。
 
 創価は去年の覇者、東海大菅生に匹敵する強豪です。
 
 2015年の秋季大会では延長15回3-3の引き分けに持ち込みました。
 (翌日再戦して負けてしまいましたが)
 
よって今年の世田谷学園は最大限に善戦して7/17創価または聖パウロ戦までと予想できます。


 それでは初戦から順に見てゆきましょう。
 まず2回戦の相手が都立上水
 ・都立上水の戦歴 
 
 都立の中ではかなり強い学校と言えるでしょう。
 過去には後述の桐朋を相手に勝ったこともあるし、今回世田谷学園を相手にしても引けをとらないかもしれません。
 
 3回戦の相手が桐朋都立武蔵
 この2校なら桐朋でしょうか。
 今年の春季大会予選で対戦して圧勝したようですし。
 
 ・桐朋の戦歴 
 
 去年の夏の大会ではあの東海大菅生を相手に3ー2の1点差負け。
 都内の私立としては中堅クラスと言えるでしょう。
 
 いまの世田谷学園の実力だと難しい相手かもしれません。
 
 
 運良く勝ち上がったとして、4回戦の相手は前述の創価聖パウロあたりでしょうか。

 おそらく創価が順当に来ると思いますが、聖パウロもかなり強い学校。
 2016年の夏の大会では10−3で世田谷学園を降しています
 
 ・聖パウロの戦歴 

 
 という訳でそろそろ結論。
 
 この夏の世田谷学園は楽勝と言える相手に恵まれませんでした。
 初戦で敗退しても不思議はないのですが、3回戦の桐朋戦あたりまでかなっと。
 
 4回戦からは桁違いの強豪が出てくるのでこの先はまずありえないでしょう。
 
 あくまで、現時点での個人的な予想です。
 ハズレたら改めて総括いたしましょう。では。
 
 
 まねき猫1.jpg

 にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へにほんブログ村 受験ブログへ

posted by セタケン at 17:53 | 高校野球・都大会を占う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

秋季大会は予選敗退。でも東海大菅生に期待。


今回も高校野球のお話です。

春季大会ももうじき3回戦目。
個人的には東海大菅生を応援しています。

・東海大菅生の戦歴

 東海大菅生といえば去年の夏の西東京大会で優勝甲子園で準決勝まで行った強豪。
しかしながら次の秋季大会ではまさかの一次予選敗退。

その相手は二松学舎大付属。同じく夏の東東京大会優勝校でした。

夏の甲子園出場校同士が秋季大会の予選初日に激突するという驚きの対戦カード。
この夏一番の強豪同士が消耗戦を繰り広げてくれたのですから、他の出場校にとってはこの上ない幸運でした。
漁夫の利を得た学校も多々あった事でしょう。

組み合わせ次第で、東海大菅生はもっと上位を狙えたはずです。


今のところ菅生は1回戦で日大二を破り、2回戦で同じ東海大付属の高輪台をなんと14-2で降して3回戦進出を決めています。
高輪台も決して弱い学校ではありません。それを相手に12点差は凄いですね。

・東海大高輪台の戦歴

明後日、7日の3回戦ですが相手は世田谷学園。
相手には失礼ながらこれはもう楽勝でしょう。

・世田谷学園の戦歴

世田谷学園とはこれまで何度か対戦していますが、いづれも菅生の圧勝に終わっています。

2014年の夏の大会の時は8−0
去年の夏の大会では8−1。しかも7回コールド勝ち。

実力差は歴然としていますね。


そのあと4回戦めの相手は城西大城西錦城学園
少し前になりますが、2013年の秋季大会ブロック予選で菅生はこの2校に勝っています。
この2校も菅生にとっては楽な相手といえるでしょう。

・城西大城西の戦歴

・錦城学園の戦歴


東海大菅生のベスト8進出まではまず確実と思えます。
夏の大会もシード校として出場してくることでしょう。多分。

期待しています。

まねき猫1.jpg


 にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へにほんブログ村 受験ブログへ


posted by セタケン at 14:12 | 高校野球・都大会を占う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

秋季大会予選は意外な番狂わせ。でも本大会は?


今回も高校野球のお話しです。

まさかあの東海大菅生が予選で敗退するとは、これは予想外でした。
まあ、相手の二松学舎大附も強豪なので仕方ないのですが。

これは対戦カードの選び方が悪いとしか言いようがないですね。
いくらなんでも夏の甲子園出場校同士の対決を予選の初っ端に持ってきますかね? 普通?

運命の悪戯と言うか、マグレと言うか。
あるんですね、こんな展開も……。

強豪同士が最初に潰し合って疲弊する一方で、本来なら箸にも棒にもかからないところが安々と予選を通過していたりして。

次回からは連盟の方で抽選方法を工夫するべきでしょうね。

二松学舎大附の戦歴はこちら
東海大菅生の戦歴はこちら


さて、秋季大会本大会の組み合わせが決まったようなので今後の展開を予想してみましょう。

2017 秋季大会本大会 トーナメント表.png

正直、世田谷学園が予選を通過できるとは思ってもいませんでした。
本当に意外でしたね〜。

足立強し、今年も秋季は初戦で瞬殺か??


しかしながら本大会は予選を勝ち抜いた猛者ぞろい。

まず初戦(10/9)の上野学園ですが、2014年の秋季大会で聖パウロに5 - 1で勝っています。
上野学園の戦歴はこちら 
聖パウロの戦歴はこちら 

聖パウロといえば去年の西東京大会で世田谷学園を10 - 3で降した学校。 
しかもこの時は確かコールドゲームでした。

聖パウロ学園vs世田谷学園
2016 夏の西東京を予想してみた。


続いて2戦目(10/14)は都立紅葉川明星
いづれもかつて世田谷学園を降したことのある学校です。

都立紅葉川の戦歴はこちら 
明星の戦歴はこちら 

都立紅葉川は2016年の春季大会で。

さらに2017年の春季大会では堀越にも勝っています。
堀越といえば去年の秋季大会で世田谷学園に圧勝した学校でもあります。

堀越強し。秋季は初戦で瞬殺か?
堀越の戦歴はこちら

明星は2012年の秋季大会予選で世田谷学園を降しています。

また前述の聖パウロを去年の秋季大会で降していますね。


こうしてみるとさすがに本大会はハイレベルな感じですね。

3戦目となればもう日大二八王子など、桁違いの強豪がいますし。

これまでの対戦実績から見ると、初戦からして世田谷学園には勝ち目がなさそうな感じですね。


あくまで現時点での個人的な予想です。
もし外れたら改めて総括いたしましょう。


まねき猫1.jpg




 
 
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へにほんブログ村 受験ブログへ

posted by セタケン at 13:22 | 高校野球・都大会を占う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

足立強し、今年も秋季は初戦で瞬殺か??



今回も野球のお話です。
先日秋季大会の組み合わせが決まったようなので、世田谷学園がどこまで善戦できそうか予想してみましょう。

2017 秋季大会 トーナメント表.jpg





 今回世田谷学園は第17ブロックのC代表の座を争うわけです。
 世田谷学園の戦歴はこちら





9月17日の行われる初戦の相手は足立学園
また初戦から強いところに当たってしまいました。

足立学園の戦歴はこちら。

戦歴を見ればわかりますが足立学園はそれなりに強い学校です。
さすがに帝京や創価と言った強豪には勝てないものの、私立の中堅どころや都立の強豪とならいい勝負をしています。

ざっと対戦成績を見てみますと……。

2013年の春季大会で世田谷学園は錦城学園という学校に9-0の大差で負けています
足立学園は2015年の秋季大会でその錦城学園に2−0で勝っているのです。

それから2013年の夏の西東京大会で世田谷学園は昭和一学園に敗れています。
足立学園は2015年の秋季大会でその昭和一学園に7−1で勝っているのです。

そんな訳で今秋も世田谷学園は初戦から厳しい状況です。
去年の秋同様、初戦で瞬殺される可能性が高いと思われます。

堀越強し。秋季は初戦で瞬殺か?


仮に何とか初戦を突破できたとしましょうか。

で、翌9月18日に行われる2回戦目の相手は杉並工日大一
まず間違いなく日大一が勝ち上がるでしょう。

日大一の戦歴および全国大会出場履歴はこちら


日大一といえば過去には何度も全国出場を果たした名門。
近年少し影が薄いとは言え、まだまだ上位争い可能な強豪校。

さすがに世田谷学園あたりとは格が違いすぎます。

そんな感じですから、この秋も世田谷学園の予選突破は難しそうですね。


あくまで現時点での個人的な予想です。
もし外れたら改めて総括いたしましょう。


まねき猫1.jpg





 
 
にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へにほんブログ村 受験ブログへ


posted by セタケン at 11:07 | 高校野球・都大会を占う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

東海大菅生、早実を制して優勝。


 今年の西東京大会は東海大菅生が優勝しました。
 
 東海大菅生はこれまで3年連続で準優勝に甘んじていましたが、いよいよ時は至れり。
 
 あの怪物・清宮が率いる早実を押さえて優勝ということで甲子園での活躍も期待されます。
 
 ・第99回選手権西東京大会 決勝 早稲田実業vs東海大菅生
 
 
 世田谷学園も21日に東海大菅生に挑んだのですが、かねて予想どおりの結果に終わりました。

 ・2017年夏の西東京を予想してみる。
 
 
 毎年優勝争いをしている強豪校と世田谷学園とではさすがに実力差がありすぎるので。
 8−17回コールド負けという結果も致し方ありません。
 
 ・東海大菅生vs世田谷学園 2017年夏の大会 第99回選手権西東京大会 5回戦
  初回から猛攻を見せた東海大菅生が7回コールドでベスト8進出
  
 
 さすがにシード校が順当に勝ち進んで来ると苦しいですね。 
 まあ、それでも一応5回戦まで進めたのですから、世田谷学園としては精一杯の結果だったと言えるのではないでしょうか?

  
 2017 世田谷学園.jpg2017 東海大菅生.jpg
  
 それよりも特筆しておきたいのは日本学園の8強入りです。
 これまで日本学園はそんなに強い学校ではないという印象でしたが、いつの間にか少しづつ強くなって来ている感じです。
 
 今年の春季大会では国学院久我山に5-4の僅差で勝っていますね。
 この大会では東海大菅生と同じく第五シード校。
 しかも準々決勝まで駒を進めたのですから。

 昨年の秋季大会で早実と戦ったときは10-1の大差負けだったのですが、25日の準々決勝ではその早実に5−1。
 負けは負けですが点差は大幅に縮まっています。
 
 ・日本学園の戦歴はこちら
 
 都内の中堅層の中では成長株。
 今後の飛躍を期待できる学校かもしれません。

まねき猫1.jpg


      にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
    にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ      にほんブログ村 受験ブログ 受験情報へ
posted by セタケン at 00:15 | 高校野球・都大会を占う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

2017年夏の西東京を予想してみる。

 今回は高校野球のお話です。

 今年も夏の都大会の組み合わせが決まったようです。

2017 東東京大会 トーナメント表.png
 今夏、世田谷学園がどこまで善戦できそうかを予想してみましょう。
 ・世田谷学園の戦歴はこちら
 

 今年の世田谷学園は西東京大会・右下のブロックに配置されています。
 このブロックで一番強そうなのは第二シードの日大三です。
 (ちょっと表からはみ出てしまいました。見づらくてすいません。)
 ・日大三の戦歴はこちら
 
 
 でもその前に日大三に匹敵する強豪校、東海大菅生がいますね。
 去年、一昨年、一昨々年の西東京で3年連続で準優勝しています。

 世田谷学園とも2014年の夏の大会で戦っていますが、8−0で東海大菅生の圧勝に終わりました。

 

 誠に残念ながら今年の世田谷学園は最大限に善戦したとして、7月21日の東海大菅生戦まででしょう。
 

 ではそこまで楽にたどり着けるか?
 初戦から検討してみましょう。
 
 
 まず初戦(7/12)の相手は都立西
 都立西は2015年の春季大会の予選で東京学園を8−6で降しています。
 (その東京学園は2014年の東東京大会で淑徳青陵に勝っています。)
 今の世田谷学園の実力を考えると、楽に勝てる相手とは言えません。
 ・都立西の戦歴はこちら
 
 
 運良く勝ち上がったとして、2戦目(7/15)は都立田無都立小平西のいずれか。
 この2校ならおそらくは田無が勝ち上がってくるでしょう。
 都立田無は去年の西東京大会で駒大高に6−2で勝っています。
 (ちなみに世田谷学園は2012年の東東京大会でその駒大高に4−2で敗れています。)
 ・都立田無の戦歴はこちら
 
 
 これまた運良く勝ち上がったとして、3戦目(7/17)は都立南多摩 - 都立深沢聖徳学院 - 都立永山のいずれか。
 この4校ならおそらく都立永山でしょうか?
 都立永山は2012年の秋季大会で堀越に5−4と僅差ではありますが勝っています。
 (堀越は去年の秋季大会の予選で世田谷学園を7−3で降しています。
 ・堀越強し。秋季は初戦で瞬殺か?
 
 じつは都立永山は2014年の西東京大会で世田谷学園に敗れています。
 しかしながら両校の得点が6−4なら差はわずかと言えます。
 何より高校野球ドットコムの応援メッセージを読む限りそう実力にも差があるとは思えません
 あれから3年。今年、逆転があってもなんら不思議ありません。
 
 ・都立永山の戦歴はこちら 
 ・応援メッセージ
 

 というわけで結論。
 
 今年の世田谷学園は最大限に善戦したとして、7月21日の東海大菅生戦まで。
 でも初戦から楽な相手ではないのでいつ負けてもおかしくありません。
 まあ、2戦目(7月15日)の都立田無戦までかな
 
 
 あくまで現時点での個人的な予想です。
 もし外れたら改めて総括いたしましょう。
 
 追記:
 なんだか最近の世田谷学園はグラウンドで声出しばかりやっているようですね?
 打球音も捕球音もランナーが走る音も聞こえてこないのに、雄叫びだけは間断なく響いてくることがよくあります。
 ついこの間も指導員だか上級生だかが「こんなものか!」「こんなものか!」と他の部員たちを煽っていましたよ。
 (実に近所迷惑この上ない。)
 
 こんな練習で実力が伸びるとは到底思えません。
 
 果たして大声を出すだけで対戦相手がビビってくれたりするのでしょうか?
 
 
まねき猫1.jpg

 
      にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
    にほんブログ村 受験ブログ 中高一貫校受験へ      にほんブログ村 受験ブログ 受験情報へ
posted by セタケン at 11:40 | 高校野球・都大会を占う | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする